.

為替介入という言葉は聞いた事がありますか?日銀が為替介入(外国為替平衡操作)をして新聞、雑誌記事、テレビ、ヤフーなどの情報で見た人もいると思います。http://webmania.to

そもそも為替の介入というのは日本の場合、◯財務大臣が為替相場の沈着を実現するために施行する戦略と見なされています。

わかりやすく言うと、極度の円高・円安になった時に財務大臣の用命のもとに中央銀行である日銀が円を取引して為替のレートの安定性を狙う、ものです。

外国為替平衡操作(為替介入)にはいくつか方法があります。

1.単独介入・・・行政または中央銀行(日本銀行)が、東京での市場の中で直接市場に加わって為替介入(外国為替平衡操作)をする。

2.協調介入・・・複数の通貨当局が相談したうえ各銀行などが持っているお金を用いて同じタイミングまたは引き続いて外国為替市場介入(為替介入)を実行していく。

3.委託介入・・・他の国の銀行などに向けて外国為替平衡操作(為替介入)をお願いする。

4.逆委託介入・・・日銀が他の国の銀行などに代わり外国為替市場介入(為替介入)をする。

この通り方法があります。

いずれのやり方の為替の介入も一時期、もしくは継続して為替の市場に多大なインパクトを与えるでしょう。

為替の介入のお金はさすがに面目をかけて行なうのですからスケールが違うのです。

円を基本にして説明すると、普段は数銭ずつ変動している為替相場が一気に大きく変動をするのです。

投資家の人でしたらこれまでに経験したことがあると推測できますが、これまでは期待通りに利益(あるいは損失)が多くなっている持ち高を持続していたところ、ポジションが決済しましたとの情報がFX業者の人間からメールが。

どの程度の儲けかな(損益が出たのかな)?と考えつつ決済報告を見たら自分で推測していた状況とは逆の内容で息を飲んだというパターンがあります。

為替の介入が実施された際に多く聞く話なのです。

為替介入(外国為替市場介入)が実施されると、市場のトレンドと正反対の変動をするものです。

動く金の範囲は大きく変動しますので注意が必要なのです。