.

民事再生という方法は住宅のためのローンを含む多重債務の問題に苦しんでいる利用者を対象としてマイホームを手放すことなく金銭管理においてやり直すための法的な機関による方法として2000年11月に利用できるようになった手段です。この制度には、破産とは違い免責不許可となる条件はないので散財などで借金をしたような場合でも申請は問題ないですし、破産をすることで業務不可能になるリスクのある業界で仕事をしているような場合でも手続きが可能です。破産の場合には住んでいる家を保有したままにすることは許されませんし、任意整理や特定調停などでも元金自体は払っていく必要がありますのでマンション等のローンも払いながら払っていくことは現実問題として難しいでしょう。しかし、民事再生という処理を選ぶことができれば住宅のローンを別とした借金については十分なお金を圧縮することも可能ですので、余裕を持ちつつ住宅ローンなどを支払いながらあとの借入金を返済し続けることも可能といえます。といっても、民事再生による整理は任意整理による処理特定調停等とは異なって一定の債務だけを省いて処理していくことは許されていませんし、破産手続きの場合のように負債そのものが消滅するということではありません。そのほかの手続きに比べある程度煩雑で期間もかかりますので、マンション等のローンが残っていて住んでいるマンションを手放したくない時などを除き自己破産等それ以外の債務整理ができない場合の最後に考える方法と見ておいた方がいいでしょう。