.

「スプレッド」とはFXは通貨ペアを取引して差益を稼ぐ取引です。買ったり売ったりの値段は常に変化しています。これがレートです。テレビを見ていると外貨のレートの情報が流れることがあります。よく見かけるのが、「本日の為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという事を示しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを意味しています。別の表現をするとFXには買いと売りの両方の値が存在する事を示しています。売値のことをBID、買値のことをASKと表現している取引会社もあったりします。通常は買値よりも売値のほうが安い価格に設定されるものです。買値は高く、売値は低くなるはずです。その差をスプレッドといい取引業者の儲けといわれています。スプレッド幅はFX業者によって変化します。スプレッドの幅はあなたにとって出費になるので狭い業者を選択するほうが有利です。ただ、同じFX業者でも状況によってスプレッドの幅は変動します。ドル円の組合せでわずか1銭のスプレッドの差だとしてもマーケットの動きがかなり大きい場合には大きくなったりする場合があります。という訳で、スプレッドが小さいのと、変化しないのが重要です。固定でスプレッドの狭さを見せるFX業者もたくさん存在します。現実にFX取引会社のトレード画面の中で実際の市場を調べなければ判別できないので手間がかかりますが大事な事です。大事な資金を投じて注文をするのだから、本当の売買の前に興味がある業者の新規口座開設をして、スプレッドの差を見ておきましょう。同じペアでもその場面での為替相場の条件によって、スプレッド幅は変わります。おおむね、銀行間取引で取引高が多い通貨ではスプレッド幅が小さく、あとの外貨ではスプレッドの幅が大きくなる事があります。